苦手意識を持つ人が多い『下半身トレ』克服する方法とは?


トレ後は良質の高タンパク質!これです

筋トレを始めると
どうも好きな種目、苦手な種目が

明確になります。
なかなか気が進まないから

重量で妥協して見たり
インターバルの時間が異様に長くなってしまったり

したことはありませんか?
そんな意識を持つ人が多い

『下半身トレ』
僕は筋トレを再開するまで

下半身は全くやりませんでしたが
今、再開してから

下半身も上半身と
同じ配分でやっています。

これが結果的に良かったと思っているんですが
なかなか下半身トレに関して

気が進まない方に読んでもらえたらな
と思います。

GronG(グロング) バーベルスタンド ベンチプレスラック スクワットラック セーフティーバー搭載 高さ調整/幅調整可能 耐荷重250kg


いつかはマイジムを!!

そんなに種目がない下半身

下半身は1つ1つの筋肉が少なく
(その代わり総面積は大きい)
実はそれほど種目がありません。

なのでわかりやすく
やりやすいと実は思います。

大殿筋。大腿四頭筋、二頭筋、下腿三頭筋、前脛骨筋
ほぼ大きな筋肉で言えばこれくらい。

なので種目も
スクワット、レッグプレス、レッグカール
レッグエクステンション、カーフレイズ、ランジ

こんなものでしょうか?
(まースクワットだけやっておけば間違いないという説もありますが)

バーベル系の種目で数字を出すなら

この数カ月復帰してからベンチプレスの重量が
早期に戻ったのは実はこの下半身の筋トレのおかげだと思います。

バーベル系の種目は軸を安定させるため
どこかの筋肉を使わないということはなく

全身の筋肉を使いますので
それは当然下半身の筋肉にも当てはまります。

なのでベンチの重量を上げたいから
ベンチしかやらないというのではなく

下半身もしっかりやる必要があるでしょう。
これはとても実感しています。

バランス

下半身も含め
全身の筋肉をくまなく鍛えると

カラダのシルエットは確実にきれいに
シャープになります。

足をきれいに魅せたい女性は
確実にやるべきでしょう。

足が太くなるんでしょ
という方、そんなことはありません。

今のところけっこう僕はやっていますが
去年履いていたものが履けなくなるということは

ありません。
低重量高回数でやれば

おそらく細くなるはずですので
女性は冷え性解消にもなるので

下半身トレーニングはやるべきでしょう。
美容効果抜群です。

下半身トレーニングは動きもダイナミックなので
よく汗をかきます。

なので実はダイエット効果も
あることをつけくわえておきましょう。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。