筋トレを『効かせ』すぎていないか?

筋トレは高重量を重視するより
正しいフォームでどこを鍛えているかを

明確にすることの方が大事だと
僕は思います。

良くあるのは
『ヘロヘロ』になるまでやること。

これは一見筋肉にはいいように思いますが
多くの人は筋トレで1日終わらないので

あまりお勧めできません。
その理由などお話をしていきます。

MuscleLabo ディッピングベルト リストストラップセット 懸垂 ベルト 筋トレ チンニング


良く使います

高重量のこだわりから始まる悪循環

ベンチプレス〇〇㌔、ここに思いを馳せる人は多いように思います。
僕もかつてそうでした。

しかし最近分かったことは
がむしゃらにベンチプレスをやるより

体幹や下肢を一緒に鍛えていく方が
結果的にベンチプレスの重量は上がる。

そう思います。
筋トレを続け負荷をかける以上

重量を重くしていくのは常ですが
そこにこだわるばかり

だいたい
高重量へのこだわり

身の丈に合わない重さ

フォームガタ崩れ

効かせるべき筋肉に効いていない

いつまでも体形が変わらない

そして離反する。
こういうことが起こってきます。

特にベンチプレスは高重量上げるにはサポート
する人がいないと大変危険なこともありますので

誰しもが到達しません
(100㌔くらいならなんとかなります)

なので僕も痛いほど味わいましたが
高重量へのこだわりは捨てましょう。

どうしても数字はわかりやすいので
こだわりがちですが・・・

どこに聞いているかを強く意識する

そこで重量を軽くしフォームを覚え
筋肉に効かせることを重視します。

本来胸に効かせるトレーニングが腕に効いてしまったり
背中に効いて閉まったりすることはよくあります。

本来効かせるべき筋肉、これを意識しましょう。
重量にこだわるよりこちらに意識を集中した方が

案外いい疲労になったりします。

筋肉痛の残った状態で次は危ない

なんか調子がいいとはりきってメニューやセット数を増やしたりすることが
ありますが、そうすると計算通りに疲労が抜けなかったりするので

そこはいつものメニューを淡々と
(すこし物足りないくらい)

やるべきです。
僕の場合はトレーニング日によって鍛える場所をわけているので

今日やったトレーニングは1週間後になります。
なのでいつでもフレッシュな状態でできるんです。

ここは重要です。
疲労を残しすぎないように

淡々と少し物足りないくらいのトレーニングにすれば
『効かせすぎる』ことはないはずです。


【1日1新】

住宅ローン見直し

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。