実際のところ、今の若者の働きっぷりってどうなの?


こういう仕事ではないんだけど

8月は日曜・祭日すべて診療します(日祝は14時まで)

8月開催のウナギ塾(10.17.24.31日)応募お待ちしております


すぐ辞める、忍耐がない、働かない・・
などなど今の若者の仕事に対する

マインドの話。
メディアなどや周りの会社勤めの

方々の話など聞くと
こんな話が方々で聞かれます。

けれども僕は自分で経験し体験したことしか
基本信じない性格。

本当にそうなのか?
7月から3人入った

若いスタッフたちを見て
思ったことです。

若者のすべて【Blu-ray】 [ アラン・ドロン ]

感想(0件)

何とか食らいついてものにしようという気持ち

今回不遇な5月の件はありましたが

ピンチの後にチャンスあり
その後たくさんのスタッフが入社しました。

その中でも
現在柔整や鍼灸の専門学校へ通う
若者たちが

複数いるのですが
もう僕とも

20歳の差があり
はっきり言ってみてきたものがまるで違い

それはそれで面白いのですが
そのスタッフたち、とてもいい子たちで

正直
いい子たちが入ったな、と心から実感しています。

まだまだ不慣れなところは
多いのですが、懸命に仕事を覚えようとする姿勢は

心打たれますし
僕自身葉っぱをかけられているように感じます。

それぞれに個性があり
治療家としての適性も抜群。

その成長を近くで見られていることが
最高に気持ちがいいですね。

これが会社にして
スタッフを育てる醍醐味、そう思います。

えっ?人件費が!という話は
存分にありますが

会社の収益よりも
人の成長なんです、僕のプライオリティは。

会社を大きくするのは前提ですが
とりあえず食っていければそれでOK

世のため人のため、、、これがコンセプトなんです。

今の若者感への違和感

こういういい感じのスタッフが多いので
『今の若者は!』みたいな話

かなり違和感ありますしね
第一僕らもこのくらいの時言われてましたし

こういうのってお約束的なものも
けっこうあるでしょう。

こんな時代ですけど
そんな中で若い人たちはかなりシビアに生きていますよ

それは僕らの時代よりも
厳しい時代、そんななかでもということです

大きく羽ばたいてもらいたいと

うちを基盤にしてこれからも大きく
羽ばたいてほしいと心から思います。

そうやって若手の循環がいつもある組織はきっと
強くなる。会社としても大きく飛躍できるはず。

本当に人に恵まれています

それにしてももう僕の人生といっても過言ではないくらい
僕は人に恵まれています。

こればかりは自分の努力ではどうにもならない部分だと
思いますが、だから色々挑戦できる、こういう側面も

あると思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。