【コロナ影響】なかなか新規顧客の獲得が難しいスポーツジムはどうすべきか?

【中古】【全品5倍!7/25限定】GIANT KILLING <1-54巻セット> / ツジトモ(コミックセット)

感想(3件)


ワクワクしながら今読んでいる漫画

もう夏になってしまいますが
スポーツジムは新規開拓になかなか困難なようです。

というのもコロナ初期時に
クラスターが発生、緊急事態宣言

からの今というわけで
既存のジムの状況も

なんとなく空いている話は
よく聞きます。

雨が降ってもやりが降っても
行くハードユーザーは全体で言えば

よくて20%程度
その人だけでは

経営は成り立ちません。
そこで埋めていくのが新規の顧客なのですが

このご時世どうも動きが鈍いようです。
そこで新規開拓にタダのトレーニーの僕が

解決方法を考えてみました。
素人戦略なので

読み流す程度に
お読みください。

SMSをマックスやる

各店舗24時間ジムなどはたくさんあるのですから
それぞれが個性を出して情報発信をやらないというのが

正直理解できません。
それだけで違うんですけどね。

ただそれには継続が必要なので
職場を愛し仕事を愛し全身全霊を注げるスタッフが

いないとできないこと。
社内規則として『動画を必ず上げること』としたって

本人に思いがなければほぼ嫌々になるし
続きません。

なのでマックスできるかは
スタッフの情熱になると思います。

そこに対してインセンティブも
与えないといけませんしね。

メールや動画でできる筋トレメリットを余すことなく

ジムでやっていることは関りがなかったり
興味がなければ特別なことです。

今は競争が激しいですが
お店の宣伝の発信であれば独自のものが

たくさんあるはず。
例えばですがマニアックな人ならば

ジムはどんな器具を使えるかも
表示してもらうと僕なんか嬉しいのですが

そういう小さいことを
発信し続けるメリットは

確実に後々聞いてきます。

あの人のところでやってみたい!というブランド化

それに加えて発信する人の個性が出てくると
ブランド化してくるのでしめたものです。

どんどん個性を出していくべきだと思います。

運動普及率はまだまだ付け入るスキがあります

言ってもまだまだ運動をしている人は少ないのが現状です。
そういう人たちの気軽なネットサーフィンの中に

入っていければこっちのもの。
その世界はなかなかむずかしいところではありますが

効果的な発信を続けていければ
必ず届いていくものだと思います。

あとはそれをやり続ければいい
それだけです。
まだまだ気を落とすところではないと思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。