神楽坂の整骨院経営者、そして減量中トレーニーの『フル食』を一挙公開

本日9:00~14:00診療します

8月開催のウナギ塾(10.17.24.31日)応募お待ちしております


別に僕のダイエット中のフル食が見たい
という要望があったわけではありませんが

自分自身の振り返りも含めて
ダイエット中の僕が何を食べて

痩せているのか
お話します。

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68


これ面白かったですね

ルール

減量をするにあたり
マイルールを作りました
それは以下の通り

  • ご飯を1日300グラム
  • 体重×2㌘のタンパク質摂取
  • 外食はなるべく避ける
  • 水を2リットル飲む

この程度のものでかなりシンプルです。
お菓子とかは元々食べる習慣はないのでこのへんは

つらいということはないですね。
ご飯1日300㌘というのは相当少ない量ですよ

糖質は0にしないまでも少しとるくらいがちょうどいいです。
全くとらないと体が動きません。これはびっくりしますが・・

水も最初はつらいですが慣れると全く
受け入れられます

食事時間

朝はだいたい7:30~8:00
昼は1時台
夜は21時以降こんな感じです。

日曜日は多少朝遅く夜早い感じです。

食事内容

朝昼分は自分でべんとうを持参します。
夜に関しては妻が作るのでフリー

ここでどんなものを食べているか見ていきます
(メニューは多少ローテーションありますがほぼ同じ)

朝昼

朝昼なのでグラム数は✖2になります。

ご飯100㌘
鶏胸肉150㌘(飽きないように味は変えます)
たまご2個
ブロッコリーなど野菜

プラスデザートではないですが
オイコス1つ

そして毎食後のプロテイン
こんな感じです。

カロリー

こうなると総カロリー数が
ごはん   168
鶏胸    270
たまご2個 182
野菜     30
オイコス   90

こんな感じです。
朝昼で1420カロリーとなります。

それで1日を含めると
2000カロリーちょっととなります。

運動をかなりする人が摂取するカロリーだと
確実に体重は早く減ります。しかもこれなら健康的。

リバウンドの危険性もなさそうです。

タンパク質

タンパク質も

ごはん   3
鳥胸    33
たまご2個 13
野菜    微量
オイコス  10
プロテイン 20

とこんなかんじなので1日
180㌘くらい(多くて)とれています。

これは筋肉の合成に絶対に必要なので
意識して取りにいかないと多分取れません。

そこの足りない分をプロテインで
補うそんなイメージですね。

お酒

お酒に関してはビール1本この程度
飲みすぎるということもないので

特に抑制はしていません

週末

日曜日は食事のタイミングや量が変わる
可能性があるので糖質はほぼ0日近い量にします。

そこで補填している感じですかね。
取りすぎを懸念して

これだけで大丈夫

このくらいの食事管理ができれば
はっきり言って運動は必要ありません。

食事管理だけで体重は減ります。
慣れてくると胃の容量も小さくなりますので

食べられなくなります。
今びっくりするほど食べれません。

これまででわかったこと

さてこんな感じにダイエットを続けていますが
いかがでしょうか?

これといいて『苦』は感じていません。
なんならずっとできそうな気もします。

ダイエット移管しては時代時代いろいろな
方法がありますが

誘惑は多いですが
食事管理さえできれば

あっという間に痩せていきます。
そしてそんなに食べずとも

人間の身体は立派に動きますし
場合によっては少しスリムになってからの方が

いろいろ冴えてきている感じもします。
これからも途中経過楽しみにしてください。

改めて計算してみて
こんな感じなんだと自分でも

わかり勉強になりました。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。