意外と知られていない『仙骨座り』骨盤はちゃんと立てよう

12月のお知らせ
★大みそかまで全爆走診療します全日診療 お正月もやるよ!!★



電車やバスのシート、家でくつろぐ時のソファーなど、
どうやって座っているか考えたことはありますか?

ふかふかしていて、座り心地が良い感じがして快適に座れていると思っている方もいるでしょう
しかし、電車やバスのシート、ソファーで良い姿勢で座るのは難しく、

仙骨の後面に当てる『仙骨座り』になっていることが多いのです
シートの背もたれの角度は垂直になっておらず、

もたれると体幹は斜めになってしまいます。また座り心地は良いのですが、
滑りやすい素材であったりもするため、一定の位置に留まるには不向きです

仙骨座りは楽に感じる方もいるかもしれませんが、
続けていると股関節痛を生み出す原因になることもあります

骨盤のバランス

仙骨座りでは仙骨後面と背中の二点で体を支えています。
この二点で支えると普通の座位姿勢時より背中への圧が強くなり負担がかかります

習慣的にこの姿勢をとっていると胸椎の高さの背中の筋肉は硬くなります
また背中の筋肉は腰の筋肉の硬さや張りの原因になり、

最終的には腰椎や骨盤の動きを悪くしてしまいます
骨盤も大きく後傾しているので、立位や歩行時に骨盤や股関節の動きが低下し、股関節痛を生み出す原因になっていきます

まとめ

電車やバスのシートに座ると仙骨座りになることが多い
仙骨座りでは背中への負担が増し、腰の筋肉にも悪影響
仙骨座りでは骨盤が後弯し、股関節や骨盤の動きが低下

悪い姿勢や歩行が習慣化すると、股関節と骨盤へのダメージは計り知れません
自分は楽だと思う姿勢や歩き方は間違っていることが多いのですが、自分では間違っていると気づきにくいものです

悪い動き

脚を組んで座る
脚をクロスさせて立つ
片方の脚に体重をかけて立つ
あぐらをかく
背もたれに浅くすわる

このような動作の習慣化はさらに楽な姿勢を求めるようになります

普段の何気ない動作を今一度、見直す必要があります

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。