五感をフルに使う

41f9ff7f2cb53dec61e08c33411340c8_s

患者さんを診るときに大事な
問診・触診・視診。

どれが欠けてもダメですが
問診・触診は直接対峙した時が

勝負ですが
視診の場合は治療院に入って来た時から

始まっています。痛いところに手を当てていたり
苦痛で顔を歪めていたり

など得られる情報は山ほどあります。
それを踏まえて、問診・触診に入って行く

という感じでしょうか?

大事なことは表題にもあるとおり
五感をフルに使い患者さんの情報を引き出して

いくということなのではないでしょうか?

修練されてくるとチラシを朝補充するとき
減っているか増えている厚みだけでわかるようになります。

かなりどうでも良い情報ですいません。
(まじめに書く文章ではありませんね)

手の感覚が鋭くなる、と言い換えましょう。

ウナギ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。