【ストレス社会】あなたの職場はイライラする場所になっていないか?『怒る』のはカラダに悪そうだな、と思うわけ

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

日頃整骨院には、何かカラダの不具合を抱えた方がいらっしゃるので
健康な方とはお会いしません。

そのカラダの不具合の内訳は『ストレス』が大半と言っていいほど
かもしれません。それが引き金でカラダの不具合を引き起こす。

そんな『ストレス』とは何なのか?
考えてみました。

テーピングでかぶれないようにするには?

ストレスの幅は広い

『ストレス』と一口に言っても意味合いは広いです。
いわゆる一般的なストレスから

気温の変化(生体ストレス)など
人間は様々なストレスの中で生きています。

マラソンをして体力をつけたりするのも
筋肉に対してのストレスだし

辛い食べ物をより辛くするために
どんどん唐辛子をいれるのも

辛さへのストレス耐性だし
拾ってみるとたくさんあります。

携帯が壊れ、安定したネット環境にいないということ

ストレス耐性に強い人・弱い人

これは元来のものもあるのでなんとも言えませんが
ストレスに強い人・弱い人がやはりいます。

限度はありますが、ある程度一定のストレスに
常にさらされていると慣れる部分はあります。

ここが人間の凄いところ。
しかし当院に来院するような健康を害した方は

得てしてストレスには弱い傾向にあります。

8か月間自転車通勤してわかったメリット・デメリット

院長のイライラは院内の空気に。

僕はイライラしたり、怒ったりしてもしょうがない
というかエネルギーのムダ、という概念が基本的に

ありますのでほとんどイライラしたりすることは
ありません。だいたい怒ると冷静さが失われますので

出せる能力が半減しませんか?
だから院内はピリピリした空気にはなっていないと

思います。
(そう思っているのは僕だけかもしれませんが)

良く言われるのは
『ここに来ただけで少しカラダが楽になった』
『さっきまでイライラしていたけど矯正とかやっておさまった』

などそういった負の怒りの感情を沈静化させる効果が
当院にはあるようです。

それは意図的に僕がコントロールできない
いらっしゃる方の印象なので

聞いていて『へえ〜』と思ってしまいます。

なるべくボキボキ鳴らさない腰の矯正

マッサージをしたり手当て、これが重要

人のカラダに触って症状を取ったりしますが
これがとても癒しになるんですね。

一部ではストレス解消法の1つとも言われています。
触ってもらうだけでなんだか治った気になりますよね。

これがとても重要なことなんだと思います。

事故の治療で整骨院に通ってますが、遠くて通えなーい!

イライラはある程度想定

イライラしないというのは現実的には
難しいことなんだと思います。

ですからイライラ0へ力を投資するよりは
ある程度イライラはある前提で

そのイライラの解消方法をいくつか
持っているということが1番いいかもしれませんね。

◯◯をやったらとてもカラダがすっきりする。とか
その◯◯の中に当院が入っていたらこれ以上

嬉しいことはありません。


 

【おっと!もうひとつ】

ウナギ式整体の『矯正治療』が
かなり急に忙しくなってきました。

1回でズレを解消することはできませんが
確実に効果を上げられます。

ぜひご相談下さいませ。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!