新宿伊勢丹 『鈴懸 苺大福』 地下食品売場、和菓子の最高峰。福岡産いちご『あまおう』とあんこの黄金比!!ご賞味あれ

suzukake

この寒い時期、出足は遠のくし、よほどのことがない限りに
外にでたくない、という人は多いと思います。

わざわざ足を運んで食べたいものというのが
冬季限定ですが、あります。

それはなんと『苺大福』なのですが
そんじょそこらのものとはわけが違う。

その理由は一口食べれば
このブログも読むこと無いでしょう。

(せっかく来たのだからそれはダメです)

新宿伊勢丹地下食品売り場の奇跡をたどっていきましょう。

すっーと行って、買えません。並びます

鈴懸②
まずどの時間に行っても並ばないで買えないと思います
(それでも5分とかそのくらい)

かなりにぎわっています。
和菓子屋さんなので『苺大福』だけではなくいろいろあります。

値段は¥324、けどこれ高くない。

DSC_6798
丁寧な小箱に放送されています。
この辺からもう違います。

DSC_6799
お店の説明など。
英語表記も・・間違いない。

さてさて、中身なのですが
じゃーーーん

DSC_6800

いちご『あまおう』1個分が投影されています。
どっちかというと『小ぶり』だと思います。

値段は上げたとおりですが
決して高くないと思いますよ

見よ、この苺の姿

DSC_6802
さくっと半分にした姿です。
見てください、このスキのないフォルム

いちご大福のお手本と言っても過言ではありません。

なにか黄金比でもあるのだろうか?

いちご大福はいろいろなメーカーで食べる機会はありますが
そもそもいちごがあまりおいしくない、かわが厚い、あんこが多い、少ないなど

バランスの悪いものが多いような気がします。
しかしこちらの『苺大福』はそれぞれのバランスが本当に絶妙で

文句のつけようがない。
いちご・かわ・あんこがそれぞれ独立していて

それでいてちゃんと1つの味として成り立っている
そんな感じでしょうか?

なにか特別な黄金比でもあるのではないのかと
思ってしまうほどです。

もちろん当日限りで食べられる人

だいふくは1日置くととんでもないクオリティになってしまうのは
こちらも同じです。

買った瞬間に食べられるのがいいと思います。
ですのでお使い物に持っていくのは少し考えてみてください。

3月確か上旬くらいまでは『苺大福』食べられるはずです。
ぜひぜひです

全国にチェーン展開していませんので
ここ新宿伊勢丹と

本店のある福岡・博多のみの営業になります。
http://www.suzukake.co.jp/

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!