女子が筋トレをダイエットでやろうとしたときに絶対に外せないメニューとは?

先日も話しましたが
年末になっていますが

わりとトレーニングに勤しむ人が
減りません。とてもいいことだと思います。

何年か前大晦日がトーニング日で
ひとり寂しくトレーニングをやっていた時

『おれ大晦日になにやってるんだろう』
なんてことを感じたこともありますが

ここ数年の根付き方をみると
そういうこともないように思います。

そんな中ダイエットに
筋トレをしようと思った女子のみなさん

トレーニング何をやったらいいか
わからない、ということよくあります。

そんな方必読の今日のブログ
最後までお付き合いください。

ちゃんとキレイなカラダをつくる!女子の筋トレ&筋肉ごはん [ 坂詰真二 ]

感想(1件)

それはスクワット

それは老若男女幅広く行われている
『スクワット』これは絶対にメニューに

組み込むべきです。
面倒くさかったら

スクワット+有酸素
これでも全然OKでしょう。

その理由は以下のようにあります。

全筋肉の下半身の占める割合

人間の身体の筋肉は70%下半身についています。
これを知った時点で筋トレをする上で

スクワットをしないという選択肢はありません
(膝が痛いとかそういう方は別です)

ものずごい汗をかく

なのでスクワットはバーベルを使えばより
全身運動の要素が強くなり

とても汗をかきます。
BIG3の中でもダントツです。

下手な有酸素をやるよりも
効率よくダイエットにつながります。

筋肉もつきますし。
単純な有酸素はただのウエイトコントロールに

過ぎませんがスクワットにおいては
下半身の筋肉を鍛えられる

プラス有酸素の要素もある。
万能のメニューになります。

美しい身体のラインを

なので姿勢もよくなりますし
(どうしてもフォームで背筋を伸ばす必要がある)

下半身はラインがきれいになり
全体のシルエットはとてもよくなります。

決してムキムキになるようなことはありません。
(ここに大きな誤解があり女子にウケないことがあります)

バーベルがダメならマシンで

筋トレ初心者がバーベルでやるには少々敷居が
高いようにも思えます。

なのでスポーツジムにはスクワットのマシンもあるので
それでやるかもしくは

自重でやってもいいと思います。
まずは正しいフォームを獲得

と考えるとそれがいいのかもしれません。
なので家でも今日からできます。

臨床で診てても

トレーニングのことばかりお話していますが
僕は本来治療家(笑)

そんな臨床を診ていると
衰えは下半身からが多いように思います。

全体の70%を占める下半身の筋肉が衰えたら
それは問題ありだとは誰しも気づくはずです。

なのでトレーニングは下半身から
これは基本と考えてもいいと思います。

正しいスクワットのフォーム
は僕も教えることができますので

ぜひぜひ聞いてほしいと
思いますね。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。