もしも『緊急事態宣言』が発令されたら整骨院はどうなるか?

15日(日)診療します



さきほど国会で『新型コロナウイルス対策の特措法成立』
可決され

総理大臣は
『緊急事態宣言』を発令することができます。

すでに北海道は知事の支持の元
2月28日~3月19日までの間

この緊急事態宣言が発令されて
来週中にも解除というお話があります。

そこで発令された場合
整骨院にはどのような影響があるのか

考えてみました。

以下のようなことができます

〈1〉不要不急の外出の自粛要請
〈2〉学校、映画館や運動施設などの使用停止の要請・指示
〈3〉臨時の医療施設を設置する必要がある場合に土地や建物を所有者の同意なしに使用
〈4〉医薬品などの強制収用

現在北海道で緊急事態制限が発令されていますが
これが知事発ではなく

内閣総理大臣発のものとなると
より強い権限が与えられます。

要請ということになりますが
これを破ると『罰則規定』はありません。

期間

最長2年となるようです
14日からの施行です

北海道の整骨院は問題ないのかと営業

商売も基本的にやってはいけないのかと
思いましたが

現状北海道の整骨院は営業しているようです。
営業する分には問題はなさそうです。

週末発令されると噂が・・

法案が通ってからすぐに
発令の噂もありますが

どうなるのでしょうか?

普通に開けたい

一刻も早く元に戻って
欲しいですが

サービス業は影響大だろうね
明日は我が身、頑張ります

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!