たっぷり話を聞いて手を当てる

d8068511b57c038aef9329963e59d1ae_s

老人ホームに往診していた時の話です。

往診に行くといつも奇声を発する方いました。
スタッフはいつものことのようで

何事もなかったように仕事をこなします。
言語障害のある方なので何を言っているか

よくわからないときがあります。
しかしそういうものは慣れなので

何回か行っているとだいたい難なくコミュニケーションは
とれるようになります。

その奇声も僕が治療・リハビリををしているときは
おさまります。

その辺の事情をスタッフに話してみたところ
『奇声の原因はおそらくストレス。普段の奇声はおそらく
自分の伝えたいことが伝わらないイライラからくるものでは

ないでしょうか?先生と対峙している時にその奇声がおさまるのは
簡単な話で伝えたいことが伝わっているからではないでしょうか?』

と言われました。往診という1日の中のわずかな時間だけども
その方にとっては心地よい快適な時間を提供できているのかな

と思いました。

我々の仕事はたっぷり話を聞いて手を当てる。

極めてシンプルな行為です。

人を治す・治療をするということは
もっともっと単純明快でわかりやすいところに答えがあるのかもしれません。

日々、精進です。

/ちょっとしたコリ・痛みから交通事故治療まで。神楽坂の健康を地下から支える整骨院///
〇 神楽坂ウナギ整骨院〇

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください