苦手だったものをもう1回やってみよう。思わぬ発見あるかも。

毎日漫画を読み漁っていますが
ドカベン➡大甲子園と読んで

プロ野球編を読んでいないので
読み直しています。

しかしこのプロ野球編
なんとなく盛り上がらず

いまいち面白くありません
学生の頃貪るように読んだ野球漫画の最高峰

ドカベンも40代になると陳腐になってしまうのか?
そんな風に思いながらも毎日読んでいます。

案外こういうことって
多くはないですか?

食べ物でも
昔は辛い物全然ためだったけど

今は辛くないとダメ!とか
(マーこれぼくですけどね)

中学校の修学旅行で
行った、清水寺

今行ってみたら
きっとあじわいは全く違うものになる

でしょう。
そういうことで
苦手だったもの

ちょっと見直してみると
いいチャンスかもしれません。

大きな嘘の木の下で 僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。 [ 田中 修治 ]

感想(2件)


ちょっと一味違うビジネス本

苦手な運動、実は

運動が嫌いです、でも最近歩き始めて
体調が良くなり

考え方が変わりました。
みたいなことは非常によくあります。

癖のある方程優良顧客にするチャンス
僕はそのようにいつも思っていますし

本来対極にいる人、対極にあるものは
ものすごいチャンスが潜んでいるのではないか

そのように思います。

嫌いや苦手はビックチャンス

僕は数字がとても苦手で
会社の経理などは見るだけでも気が進みません。

しかしそれではまずいと思い
これを機にyoutubeや教材などを駆使して

数字に強くなる修業をしています。
やってみると思いのほか

面白く(youtubeがとても優れているともいえる)
体系立ててやっているわけではないので

抜けていることもあると思いますが
昔から苦手だったことは

少し入り口を変えてみたり
工夫することで

それほど苦手ではないのかなとも
考えを変えています。

苦手だったと思ってた、だけ
みたいな感じです。

その苦手なことと
得意なことが

思わぬ化学反応を示して
とんでもないことになる可能性だって

あるかもしれません。
人生が終わるまで可能性はどこかにあるものだと

そのように思います。

食わす嫌いは辞めよう

なので食わず嫌いは基本的にやめようと
思います。多くは先入観なんですから。

とりあえずやってみる
というスタンスはとても重要です

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。