横浜高校⚾渡辺監督から見る引退後の野球部の末路

e141c8b51340a5fd9b1d0e19d923a48a_s

先日は高校野球神奈川県大会で横浜高校が負け
名将渡辺監督が引退との報道がなされました。

 

夏の高校野球:さらば名将 渡辺監督…横浜、有終Vならず – 毎日新聞
時代の変遷を感じます

 

 

70歳であの灼熱の球場に立っていられるだけでも
すごいし、その上ノックまでやっていた。

1人の勝負師が引退されたわけですが
引退の対象となる人たちは3年生。

 

 

はっきり言って野球しかしていないだろうから
すぐに切りかえることができず

また練習がゼロになることが耐えられず
変わらず練習に出てしまうこともあったりすると思います。

交通事故で治療中です。保険会社からレントゲンを撮るように言われました。ウナギ整骨院では対応できるのですか?

 

 

すぐに進路を方向づける必要性

甲子園の勝ち残る上位校の選手などは推薦などで
大学にいけることはありますが

そんな人は一部のスタープレーヤーに限ります。
その他の人で特に野球を進路先でやりたい方は

大学やそれに類するところへセレクションを
受けにいったりして

進路先を野球でなんとかしようと
する人、またはすぐに切り替えることができる

先見の目がある高校生(少ないと思います)
予備校に行き始めて受験に備える人

いろいろあると思いますが
なかなか重い腰を上げられず

ぼーっとしてしまうのもまた人生。
(僕は夏休み中そんな感じでした)

 

仕事始めから往診した話

どういう形でも野球を続けることの重要性

『大器晩成』という言葉があります。
高校生の頃はまだ伸びしろを残して

卒業という人はたくさんいると思いますが
そこに気づかず野球を辞めてしまう

ひとはたくさんいると思います。

しかし、大学生から伸びてそのままプロに
行ってしまう人もいる世界。

少しでも思い残すことがあれば高校卒業後も
野球をやって欲しいと思います。

大学の運動部でやるのは誰でもというわけには
行きませんが、挑戦するのは自由です。

今は大学の野球に漏れても
専門学校・独立リーグ・メジャー・・・

門戸がたくさんあります。
高校3年間を最後に辞めてしまうのは

あまりにももったいない気がします。
なぜか限界を決めて高校までと

思った僕だから後輩たちに言えるというのも
あります。

(その代わり厳しい修業時代があり今があるとも言えるのですが・・)

ちょっと信じられないクオリティ 、美味しすぎる!セブン『つけ麺とみ田』

 

高校野球に未練があるのなら

なかには高校野球での敗戦があまりにも悔しくて
と言う方もいると思います。

そういう方は指導者として
再度甲子園を目指すと言う方法もあります。

監督はOBがやるのが1番だと思います。

保険診療には限界があります。日曜日に時間を取って自由診療がオススメです

 

スポーツで培った集中力

野球に限らず、何か1つのものに集中して
やったことというのは

その後の人生に大きくプラスに働くはずです。
引退を迎えて何をしていいかわからない

という方は
どうか大いに迷って、そして

抑圧されて何も出来なかったでしょうから
大いに遊んで楽しんでほしいと思います(笑)


 

【おっと!もうひとつ】

昨日の昼は珍しく外で食べました。

http://www.torino5555.com/dinner.htm

いろいろと勉強になることあります。
『グリーンカレー』もおいしかった。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!