U-18野球日本代表、ニッポン女子バレー、なぜホームの有利を生かせない

4459a98d54ae6f8c46d3c9e5d0ceb14c_s

甲子園の熱が冷めないまま組まれたU-18日本代表全勝で迎えた
決勝戦は負けました。

一方の同時刻にやっていた女子バレーボール日本代表。
中国に破れとりあえず今大会でのオリンピック出場

はなりませんでした。

両競技とも名誉ある日本代表の試合で
しかもホーム。こんな不甲斐ない試合をしててもいいのでしょうか?

 

勝負事は勝たないとほぼなにも意味がないことを
日本全体に浸透させるべき

サッカーほどホーム&アウェイが強調されるわけではないですが
もう少しホームの利を生かして欲しかったと残念に思います。

相手国には徹底的なブーイング、別にいじわるをしようと言うわけではない
ですが見ている人も泥臭さがあっても良かったかと思います。

野球もバレーボールも相手チームにやりづらさが全くなさそうでした。
何が何でも勝つというのが観客レベルから希薄なんだと思います。

 

明日今日の話をしても・・

バレーボールや野球はおそらくけっこうな人が見ています。
そのことを聞いてもおそらく

『惜しかったわね』
と言う方が多いと思います。

『惜しい』ってなんだ?と思います。
勝てなければ意味がないなんて言う人はいません。

 

いろいろな競技が国際大会で勝てなくなっている現状

今日はたまたまバレーボールと野球という団体競技のことでしたが
どうも国際大会で勝ちきれない最近の日本は

このような勝ちにこだわらないメンタリティは蔓延している
せいではないかと思えて仕方がない気がします。

急にではないですが徐々にそのようになって来ている気がします。
いろいろなもので死ぬほど負けてきた僕だからこそ

言えると思います(笑)

 

勝負事は全て・・

それこそゲームセンターでやる友達とのエアホッケー
友人同士で率いる草野球、年配者がやるゲートボールなど

地域レベルのような草の根から勝ちにこだわる習慣を
今一度考え直すべきではないかとおもいます。

僕はフィジカル的な問題やテクニックの問題ではなく
日本人の持つメンタリティさえ変えることができれば

世界でドンドンのし上がっていくことは可能だと
思います。

それにしてももうちょっとホームの有利性を
いかして欲しかった。

何でもそうですが負けるのは
腹がたちますね!!

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。