体重を意識するあまり、ベンチプレス100㌔上がらなくなってた

ここ最近は『重量にこだわらない』ようにしてきたので
(どちらかというと体重)

ベンチプレスも段々重量を挙げられなくなってきました。
別にいいのですが

ここで重要なのは
減量しながらベンチプレスの重量を伸ばすのは無理』ということです

なので今はどういうモチベーションでやっているのか
その都度、期分けすることが大事だと思います。

フラットベンチ 筋トレ 腹筋 ベンチプレス プレスベンチ トレーニングベンチ ダンベルベンチ フラット ベンチ ダンベル フラットベンチ トレーニング 器具 FB101 【1年保証】

感想(83件)

全然減量の方が楽

減量=食事制限なのでちゃんとやれば
必ず結果が出ます。一方ベンチプレスは

伸び悩む時期はありますし
一定のところ以上は才能的なものもモノが言います。

上昇させるにも根気と努力がかなり必要です。
しかも重量が挙がれば上がるほど

ケガの発生率は確実にあがります。

週3以上で組む必要がある

そしてベンチプレスですが重量を挙げるには
経験上ですが週に3回ていどやらないと向上はみられないかもしれません。

けっこうな頻度やる必要があると思います。

減量は限界に近い

体重を減らすことについても
個人的に限界近いところまで来ています。

大事なことは自分自身がどういう目的で筋トレをやっているかということを
確信さえしておけば、いたずらに重量を追うトレーニングは必要はないですし

迷うこともありません。
何でもそうですが目的を持つことが

とても大事だと非常に感じます。
なんとなくやることほど危ういことはありません。

この記事を書いた人

加藤 隆之
加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3300日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
10年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。
アトピー整体、得意です