ビックリマンシールとスマートさ

799902db18db35d298fd0a185d8aa9ba_s

けっこう前だけどビックリマンシールが復刻している。
懐かしさのあまりついつい手が伸びてしまう。

僕らの子どもの頃は¥30だった
今は¥80。材料費が上がっているんだか

物価が上がっているんだか、当時はずいぶん安い
値段で買えたものだと思う。

そんな値段だから箱買いする人がでてくる。
欲しいのはシールだけだからお菓子は捨てる。

これが社会問題にまで発展した。
でも今食べてて、なぜこれを捨ててた人がいるのかよくわからない(結構おいしい)

今の若い子たちも『ゆとり世代』とか言われてけっこう批判されている
今の社会は大人が作ってきて、子どもたちはそのレールの上で

生活しているだけなのに。
そう考えてみると僕らの世代もお菓子を捨て、常軌を逸した犯罪があり

テロがありで根本は何も変わってない。むしろ今の子どもたちのほうが
情報の洪水の中で正しいものを吟味してスマートに生きている気さえする

要は何が言いたいかというと、どの時代も若いだけで批判される
ということ。

だから僕らを含めた次の世代はスマートにいろいろな難局を解決して
次世代を構築できるとほんのちょっとだけ期待している。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。