交通事故の慰謝料。過失割合の関係もあるけどいったいいくら出るの?

photo-1428865798880-73444f4cbefc

交通事故の患者さんはクーラーを使うこの時期
しびれなどのムチ打ちの症状が

強く出たりと大変な日々であること
お察しいたします。

ムチウチの症状は多岐にわたり
かつ低気圧や台風のような

気圧の変化を受けやすいので
症状にムラがあります。

今日はいいけど
昨日は最悪だった。

このような経過をたどり
本当に少しずつですが

症状は薄皮を剥ぐように
良くなっていきます。

ところで交通事故では治療回数や期間に
応じて『慰謝料』がもらえることを

ご存知でしょうか?
この慰謝料のことを全く知らずに

治療をするのとしないのでは
全く状況が変わってきてしまいます。

あくまでも今出ている症状を治すということが
自賠責保険内の範疇でのお話ですが

慰謝料のことについて考えていきます。

 

1回の治療ごとに¥4200

これが基本になります。
しかし以下のような計算式があります。

 

回数か期間か?

計算方法は次のようになります。

実通院日数を2倍したものと、治療期間を比べてどちらか少ない日数が適用されます。
自賠責保険の計算基準は法律で決まっています

実通院日数(回数)×2
・治療期間

上記いずれかの少ない方4,200円をかけて計算します。

 

実際に計算してみます。

(例)治療期間92日、実通院日数70日
70×2>92 となりますので、「実通院日数の2倍である92日」を採用。

92×4200=¥386400となります。

こちらだと簡易的に計算できます。

http://kawac.me/cgi-bin/jibai/jibai7.cgi

 

過失割合が10-0でない場合はここから差し引かれる

被害者の非が0なら問題はないのですが
9-1・8-2などといった場合があります。

この場合の数字の少ないほうが被害者も負担しないと
いけませんので

例えば治療費等が総額50万かかった場合は
(過失割合が9-1の場合)

1割である5万円は負担しないといけません。
この5万円は慰謝料から差し引かれるので

支払いに行ったりする必要はありません。

 

大事なことは症状を取ること

これ以外ありません。
慰謝料というのはあくまでも

そういうものがある。程度にとどめておくのが
いいとおもいます。

保険会社もそのへんはシビアに見ていますし・・
とにかく一刻も症状を取るためには

こまめに通う!それしかありません。
夏の自動車事故は多くなっているようですので

ドライバーの方くれぐれも気をつけて
ください。

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!