交通事故治療を遅延化させずに保険会社さんと有効な関係を築くこと。そうすると紹介が増えます

当院の治療の特徴でもあるんですが
交通事故の患者さんが多いということがあります。

交通事故治療は保険会社さんとのやりとりもあるので
少々面倒くさいこともありますが

交通事故の治療は単価が高いし
患者さんにとっては慰謝料もある。

ということで揉めることもありますが
当院ではたくさんの交通事故患者さんが来院しています。

治療家・被害者さん・保険会社3者が
うまくいくように治療は進めさせていただきます。

 3か月の間でなんとかする

保険会社側からですが治療期間が長くなることを回避するために
いろいろな手段を講じできます。

(これは各保険会社マニュアルがあるのでしょう)

よく知られています120万の限度額を超えないようにということなのでしょうが
(120万を超えると保険会社も腹を痛めないといけないルールがあるため)

そんなことは長くやっているので重々承知の上でやっています。
交通事故治療は早期治癒には何と言っても通院回数。

特に初期のうちに回数を重ねることが大事になってきますが
保険会社には最初の段階で対応はこのようにしています。

『3か月で何とかしますので、安心してください。貴社の事情はよく知っておりますので』
と言い切ります。

けっこうこう言うと安心してくれることが多いんですよね。
もちろん僕もこれは嘘ではなく本当に治すように頑張ります。

ですから患者さんにも
最初の問診の段階で

『この症状、だんだん良くなりますが3か月はかかります、それまでに何とかしますので』と。
ただ通院回数が少ないとこれ以上かかってしまいます。

 3か月で何とかならない場合

もちろん例外もあって3か月でなんとかならないケースもでてきますが
それは安心してください。

適切に医療機関と連携が取れていますので
あとはそちらにお任せします。

(保険会社も病院も診断が欲しいと思うので)

 ダラダラやろうとするのがよくない

早く治そうと僕は思いますので
ダラダラやるのが嫌いです。

(せっかちなのもあります)

それが結果的に患者さんに喜ばれ、保険会社にからも信頼を得られれば
言うことはないはず。交通事故の患者さんが絶えないのはそういうこともあるのではないかと思います。

win-winの関係が構築できれば結果的に
いい流れになっていくはずです。


【1日1新】

平日のIKEA、ららぽーと

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。