ドラフト 大谷選手はアメリカ挑戦なのか?

46c0186db8416c439df11e4520cd7ae1_s

昨日はドラフト会議がありました。
注目の大谷クンですが

日本は考えていないということで
アメリカ挑戦の決意は固いようですね。

待遇・環境などを含めても圧倒的に
条件の悪い所へあえて行くところは

若くして挑戦者。清々しい気持ちになります。
彼の幼い頃からの日常はNPBではなくMLB

なんでしょうね。
よく才能の流出、NPBの空洞化。なんて

言われますが、今年のドラフトを見る限り
新星が続々でてきそうな選出ですね。

彼が日本球界にいなくても全く問題ないでしょう。

問題なのは未だにドラフトで指名されることを
毎年待っている、僕の友人でしょう。

『この日ばかりはドキドキする』と毎年言っています。
ある意味幸せ者ですが・・・。

ウナギ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。