効果的な湿布の張り方

湿布

当院では温湿布を貼る方にはあらかじめ暖めておいたものを貼っています
『家で同じような感じで貼るにはどのようにすればいいの?』という質問を受けました。

熱湯に、ジップロック等湿布が濡れないような容器にいれ1分ほどつけます。
そのまま貼っていただければ、いつもどおりの感じになると思います。

もしくは電子レンジで数秒(臭いが充満します)
ホットカーペットにおいて挟む(冬期限定)

効果的に湿布を貼れればかなり体が温まり血液循環も良くなり、症状も良くなります。
くれぐれも長時間貼り続けないようにしてください。

ちょっとしたコリから交通事故治療まで。神楽坂の健康を地下から支える整骨院
神楽坂ウナギ整骨院

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください