対応のまずさ

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s

水道橋に用があったので昼休み
歩いて行きました。

帰り道小学校低学年くらいの児童&お母さんの
集団が僕の前を歩いていました。

すると反対方向から女性が走ってきて
お母さんの合間を抜けて走り去ろうとした

瞬間、死角に入った児童と衝突
児童も女性も避ける余地がないほど

瞬間的な出来事でした。
児童は女性の股関節より

下くらいの背丈です。

ここまでの出来事ならば謝って
けがの状態など確認して

ということで何ら問題はないのですが

その女性が児童と衝突した瞬間
『今急いでいるから』と言って

謝りもせず、走り去ってしまいました。
そのあとお母さんと思われる方が

激高したのは言うまでもありません。
そして自分の子供が同じ目に合ったら

きっと追いかけるだろうなと思い
あのお母さんに同情してしまいます。

『今急いでいるから』の言葉には
・今急いでいるからこの事故は免罪される
・今急いでいるから構ってられない
・今急いでいるからけがしてても知らない

と次々に腹のたつ文言がでてきます。
間に合わないと国家が転覆してしまうのでしょうか

女性の最悪の対応がものすごく後味を悪くさせています。
ちゃんと筋を通して誠意をもって対応すれば問題ないのに

それにしてもあの子のけがの状態は気になります。
何でもなければいいのに・・・。

ウナギ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。