『5月6日まで延長』としているところはもし自粛延長となったらどうするの?

多くのお店は
自粛期間を5月6日までと

想定しているので
はなから『延長』という考えは持っていないようです。

一方、巷の噂・メディアレベルでは
『どうやら延長』っぽい

そういう論調が世論を埋めています。
(どうしてざわつかせてから発表するんだろ)

東京都の場合だと
協力金もあるので

まーなんとか我慢
とならなくもないですが

今月延長というのは
多くの商売死に直結する判断。

自粛延長となった場合
どのような判断するんでしょうか?

Atlas(アトラス) コーヒー Coffee 【CURRENT】 カレント 真空 断熱 2重構造 ダブル ステンレス 蓋付 タンブラー シルバー 350ml AFTN-351SV

価格:4,238円
(2020/5/1 05:49時点)
感想(0件)


マコなり社長が言うとあっという間に完売

背に腹はかえられぬ場合

延長は6日までとしたところは
再開するところはあるでしょう。

個人営業ならなおのこと。
しかし2つ問題があります。

  • 再開したところで前の通り繁盛!ではない
  • 1回切った後の再開のモチベーション

と言う懸念があります。
言っても世の方々のマインドは

落ち込んでいます。
これはしばらく元には戻らないと言っていいかもしれません。

自粛解除宣言が出たって同じこと。
それと仕事を長い間切ると

再開後は人にもよりますが
気もちがやはり切れるので

ある種のメンタルコントロールが必要です。
僕も現場にどう言う状況でも現場に立ち続けることで

自分を奮い立たせている部分があり
仕事の流れを一旦切ってしまう怖さは

よく知っています。
自営業や客商売ならなおのことです。

延長に従う

大手企業などは延長という判断を
せざるを得ないかなと思います

いくら体力がある企業でも
2ヶ月(まだ決まっていませんが)

ストップしたら流石にやばいだろ
って素人にもわかるだろと思います。

休んでもあまり意味がない

休んで少しリフレッシュしたら
ができません。

食べることとお酒を飲むことには
制限がないのでほぼみんな食べ過ぎか飲み過ぎに

なっています。

次起こりそうなことが全くわからず

毎日毎日
想像を超えることがどんどん起きます。

実際のところお店をやっている方達も
前線で頑張っている中

体調不良を訴え営業をしばらく
お休みするという事態も出てきています。

一人、また一人と・・
『淡々と』

肝に命じてやっていきます。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。