ストライクゾーン

甲子園大会を見ているとストライクゾーンが広いことに気づきます。
メジャーリーグですとホームベースよりボール1個分

高校野球ですとボール0.5個分くらいは広いです。
ということなのでピッチャーは有利であると言えるでしょう。

基本的な組み立てがアウトコースを広く使っているケースが非常に多い。
各都道府県大会を勝ち抜いたピッチャーはそのストライクゾーン広さに

びっくりすると思います。
ですので、2年生ピッチャーなどは甲子園大会を経験すると大きく成長し
自信をつけていく子も多いのでしょう。

ストライクゾーンは試合進行のスピーディさにも影響しますので
広いほうが良いと僕は思います。

猛暑続いていますが、球児たちには頑張ってほしいものです。

/ちょっとしたコリ・痛みから交通事故治療まで。神楽坂の健康を地下から支える整骨院///
〇 神楽坂ウナギ整骨院〇

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください