【東京都版】1店鋪『50万』整骨院は協力金をもらえるのか?

先日東京都からこんな発表がありました。
東京都 休業への協力金の支給時期など 来週公表へ(4月11日)

全く払う気のない国に反旗を翻した東京都には
まずは感謝したいとそのように思うのですが

内容に関しては
今詰めているところ

そこで我が業界は
受給対象者になり得るのか?

ということになるのですが・・・
それによって休診も視野に入れるという方は

多いと思います。
わかる情報を整理しました。

中小企業のための補助金・助成金徹底活用ガイド(2019-2020年版) [ 経士会 ]

価格:2,860円
(2020/4/14 05:32時点)
感想(0件)

今のところの概要

今のところの概要をみると『整骨院』と
明記をされてはいないのでどこに入るか微妙なところです。

厳密には医療機関ではないし(我々は施術所という分類です)
サービス業に当てはまるのか

色々な疑問があり
東京都なり保健所なり厚生労働省に聞いてみると

いいかもしれないのですが
何しろ電話も繋がらない。

(ただ一個人の役人に聞いても回答できないということもあります)

会に聞いてもそれはわからないし
現状はこれ以上進めない状況です。

1枚岩になれない弊害

そこで資格者がたくさんいる我が業界は
1枚岩になって関係各省と連絡を取るべきだと

思いますし個人で動いても意味がない
逆にいうと個人で動いてしまうのは

トップがしっかり動けていない証だとも
言えます。

僕はその大きい組織から出た方の身ですが
大きい組織に所属してる先生方に聞くと

会としての動きは支部会をちょっと免除
するくらいで他何も発表はないとのことです。

予想はしていましたが・・・

メンタルが崩壊しかけている柔整師

ということで現状事態がなかなか硬直している
というのが最新状況。

でこういう時に役人や政治家を叩いちゃうと
本当に回らないので

(彼らは限られた人員で精一杯やっている・・はずです)

静観しようと思います。
徹底的に院のデフェンス能力を高めます。

事態が好転しない中の診療
もう精神が崩壊しそうな先生方

いらっしゃると思います。
やはり休業と保証はセット

事態を待ちたいと思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。