バレーボールの大会の救護に行って

40627aa13b9d1fae9c440d270e3021fd_s

僕が所属する新宿支部接骨師会では
バレーボールの救護をやっていて

日曜は当番の日だったので行ってきました。
女子バレーなので男性は1割 当然運営も女性主体で行われていて

閉会後の動きも非常にテキパキしていて 見ていて気持ちの良いものでした。
やはり女性がどんどん社会に出て 男性を凌駕していく社会がこれから のあるべき姿だな、

と救護しながら 改めて思いました。
肝心の救護ですが大きなけがもなく終えられたので 良かったと思います。

 

 

//ちょっとしたコリ・痛みから交通事故治療まで。神楽坂の健康を地下から支える整骨院///
〇 神楽坂ウナギ整骨院〇

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください