ゆがみーるを徹底的に解説する ⑦

前回までのあらすじはこちら↓
当院の『ゆがみ』に関する考え方
主にわかること
ゆがみーる指数とは?
5段階評価でのみかた
肩・骨盤・膝・足首この4つのズレ
姿勢パターンを解析する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、姿勢分析をだして、続いては筋肉の緊張のチェックです。

人体の模型が赤・青とわかれていますが
赤の部分は筋肉が緊張している部分
青の部分は筋肉が弛緩している部分

と考えてください。
ですから赤の部分が多いということはそれだけ筋肉に緊張があり
ズレなどを誘発しやすい状況にあると考えていいと思います。

例えば『座骨神経痛』がある場合、緊張している赤の表示が
下半身に集中します。これはなぜかというと

座骨神経痛はだんだんと痺れてくることが多いため
何とかその不具合を解消しようと

筋肉が緊張して、力が入ります
そういった緊張がゆがみーるを通してでてしまうということです

ですから肩こりなんかもあると赤い部分が肩に集中したり
します。

これが不思議と⑤肩・骨盤・膝・足首この4つのズレで診た
部分と相関関係にありズレと筋肉の緊張は密着した関係が

あるのだと実感できます。

⑦に続きます


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください