体罰

浜松日体高バレー部で体罰

こういうの見てて良い気持ちはしないですよね。
あれだけ無防備にやられたら

やられた方はやり返すべきだし
周りで黙ってみていた生徒はどういう気持ちだったんだろう?

と考えてしまいます。

生徒たちも動画をネットで流せばそりゃー一気に拡散するだろうけど
もうちちょっとスポーツマンシップにのっとったやりかたはなかったのかななんて思ってしまいます。

もしかしたら体罰・体罰で行くと思考を奪うこともできますから
動画は彼らが考えた苦肉の策なのかもしれません。

暴力が平常時から蔓延すると殴られないためにどうすればいいか?
考えます。その恐怖の中でたまたま良いプレーや成績が残せたり

するから余計にたちが悪い。指導者が勘違いしてはいけないのは
指導法が良かったのではなく、生徒自身の取り組みでうまくなっている

ところ。そこを絶対勘違いしてはいけない。
その辺が暴力を肯定してしまっている一要因ではないかと思います。

学生スポーツの感動の裏にはこういうことがあるとなると
感動や勝利の為には何を犠牲にしてもいいのだろうか?

考えてしまいます。

ちょっとしたコリ・痛みから交通事故治療まで。神楽坂の健康を地下から支える整骨院///
〇 神楽坂ウナギ整骨院〇

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。