投手のストレートは曲球のほうがいいのか?

36a828a4063ab73d0343b5ee35ab0a5b_s

今MLBも日本もプレーオフ真っ盛りである。
最後にはどこが残るのだろうか

最近勝利数をかせぐピッチャーは癖球のピッチャーが多い。
去年のオフに日本人投手の評価がのっていた。

その順位を追っていくと下位のほうに藤川球児が入っている。
そこの総評に『ストレートが素直すぎる』と書いてあった。

僕の子供の頃の教えでは『回転の良い球を投げなさい』と言われた。
でもこの藤川の総評を見る限り回転の良い球は全く評価されない。

アメリカと日本ではこうも違うのかとその記事を見て感心した。
一方で野球のデータ管理もかなり数値化されていてその中の1つに

『Quality start』というどれだけ安定したピッチングをするか
という指標がある。

この指標は7イニングを3失点以内に抑えると1となる。
MLBでは年間34くらいの登板回数が有りこのQSがトップレベル

のピッチャーだと27くらいになるようだ。
まだまだいろいろな意味でアメリカから学ぶ事は案外多い。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。