治療する人に痛いところはないのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

よく手を使う仕事なので
『手痛くなりませんか?』と聞かれます。

『全然痛くなりません』
と答えます。

正確には駆け出しの頃に1度必ず腱鞘炎・筋肉痛に
なります。

手の筋肉痛ってめずらしいですよね
痛いのと握力が落ちるので物を持っても落とします。

その痛い時期も乗り越えると痛くなくなります。
よく立ち仕事をし始めると、1日中立っているので

下半身全体が筋肉痛になるのと一緒ですね。
それも慣れるとなくなりますよね。

美容師の方も一度、はさみを持つので腱鞘炎に
なるそうです。

逆に言うと1度峠を越えないものは
まだまだ量稽古が足りないということになります。
(あっ!僕のブログと一緒だ)

手の問題は時間と量の問題で解決しますが
問題なのは『腰』の痛み。

けっこうな治療家の先生方がコルセットを巻いて
治療をしているという現実。

僕もかつて不覚にもやってしまいました。

ぎっくり腰のこと散々話しておきながら
自分がなった時の話(いろいろ試してみました) 
        

もちろん治療中は不良姿勢なのでその時だけに
限定しているとは思うのですが

ですから治療をしている人たちでも
実は腰を痛めている人は意外と多いと思います。

まあ自ら痛いと言う人はいないと思いますが。
ある程度痛いと患者さんの気持ちもわかる

なんて言う人もいますがやはり痛いのは嫌です
最悪です。

えっ、僕ですか?
おかげさまでここ5~6年は痛みはありません。

とか言ってると痛み出したりするんだよな。

一応過大なストレスにさらされると痛くなる傾向にあるので
その辺はうまくコントロールできていると思います。

みなさんもいかれている治療院で聞いてみると
面白いかもしれませんね。

きっと痛くても『痛くないですよ』と言う先生は
いると思いますよ。


猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
De la douleur dans le cou raide de décalage, lombalgie marathon perron du bassin

交通事故治療まで
Pour le traitement de l’accident de la circulation

整体・マッサージもしています。
J’ai également carrosserie massage.

神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院
Conseil ostéopathique anguille à l’appui de métro de la santé de Kagurazaka Iidabashi
www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください