欧米人に肩こりが少ないのはなぜか?

DSC_5313 シリーズ物ではないのですが『肩こり』についてお話しています 日本人としては肩こりはあまりにもみじかですが 欧米人にとってはあまり実感はないそうです。 『肩が痛いのか?』と言われたりします。 なぜ欧米人にとって、肩こりと言う概念が一般的ではないので しょうか?ちょっと考えていきます。

筋肉量の違い

我々東洋人と比べると欧米人の筋肉の量は 全然違います。オリンピックの競技をみると 東洋人の入る余地がない種目があります 陸上競技等最たるものでしょう。 この筋肉量の違いが肩がこらない1つの 要因ではないのでしょうか? 全ての面でサイズが違いますよね。

食事

筋肉の原料となるタンパク質。 これを効率よく摂取することが非常に 大事なのですが、肉食を中心とした習慣は 筋肉をつけるという観点から考えると 効率的ということになるでしょう。 最近の日本の食生活も完全に肉中心な 感じもしますけど。

筋肉をつける習慣が徹底されている

これは医療費が高く気軽に医療機関に行けない ということにもつながってくるかもしれませんが 病気になる前に、運動をしてちゃんと予防しようという 文化が日本よりもかなり前から徹底されています。 筋肉をつけることのメリットが日本よりも 広く浸透しているのではないかなと思います。

日本人働きすぎ

たくさん働くのは我々の強みだと僕は思いますけど 肩こりに関して言えば、マイナスなのでしょうね。 強いストレスにさらされれば肩こりはでるでしょうし PC作業をずーっとしていれば、もう言わないでも わかりますよね? 仕事が休みの日はみなさんも肩こりは楽なはず。

最後に・・

ならばと筋肉をつけて、高タンパクなものを 摂取して仕事軽めにすれば肩こりは なくなるか?というとそうカンタンなものでもない ので我々日本人のDNA、日本という風土がもたらすもの など関係があると思います。 なので花粉症等は少なくともフランスにはないそうですが 日本に来日して数年してから発症したという人がいて これは日本の風土病なのだと感じたことがあります。 だから予防には腕立てをやれってことですよ、はい(笑)


猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから De la douleur dans le cou raide de décalage, lombalgie marathon perron du bassin 交通事故治療まで Pour le traitement de l’accident de la circulation 整体・マッサージもしています。 J’ai également carrosserie massage. 神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院 Conseil ostéopathique anguille à l’appui de métro de la santé de Kagurazaka Iidabashi www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください