筋トレ・マラソン・フランス語・ブログ、そして仕事。それらは継続した努力で必ず結果が出るもの。飽きないでやりましょう。

30da0ea4118ab617b61da0a7924558be_s

7月から筋トレを始めて、1日おきというペースを崩さずこれまで
来ています。その結果、ベンチプレスで持ち上げられる重量が

確実に増えて来ています。
継続した努力の賜物だと思っています。

あれほど重量にはこだわらない方が良いと言っておきながら

努力が実を結んだ嬉しさがあり
淡々とやり続ける重要さを再確認しました。

ウナギ整骨院に行こうと思った時に混雑を避けるためにするべき3つの秘策

続けられるのがそれ自体才能なのか?

1回で効果が出るものってなかなか世の中には少ないのではないでしょうか?
そのかわり継続した努力をすれば必ず成果がでるものも世の中には少なからずあります。

それがタイトルにもなっているもの(もちろん自分が実践していることです)
なのでマラソンなどはその最たる例で

老若男女、ランナーは増え続けています。
そのおかげでレースのエントリーしづらくなっている・・・。

ですから続けられるということは『才能』ではない!
と思います。

セブンイレブンに聞いてみた!

淡々とやり続ける難しさ 

感情の波や、気分、テンションなどに左右されず
やり続けることは非常に難しいことです。

それはわかっています。人間は完ぺきではないので
どこかでゆるみはでてきます。

しかしサボり癖はある程度見込んだ上で
継続したらどうでしょう。まーこういうことも

あるよね、としておけば案外ことは楽に運びます。
続けることに関してガチガチにしないことが重要だと

思います。じゃないと続きませんよ
結局は個の力でやらないといけないんですから。

歩き続ける患者さんがいます

over70の方なのですが
とにかく毎日朝歩いている方がいます。

なぜそこまで続けることができているのか
僕なりに分析してみると

やはり起きたら顔を洗うような感じで
歩いているような気がします。

日常生活に完全に組み込んでいるんです。
だから今日はやりたくないな、とかそういうことが

存在しないんです。だって今日は顔洗いたくないな
ってことはないでしょ?

そういうことなんです。
その次元まで持っていけること自体

すごいことだと思うのですが
淡々とした努力というのは究極そういうこと

だと僕は思います。
いつも3日坊主になってしまっている方

今が踏ん張りどころかもしれません。
そこを抜ければ淡々とできるようになるかもしれませんよ

もうちょっとやってみるべきかもしれません。


【おっと!もうひとつ】

本を読むのは冊数ではないのですが
今年は久しぶりに100冊行くかどうかです。

また年末に本のことはお話したいと
思います。

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!