やればやるほど筋肉はつく?オーバートレーニングは気をつけよう

dc4ac93ebecb7981746383de3d67e849_s

 

サクッと再開した筋トレですが体の調子はいいようです。

5年ぶりの再開。効率のいいダイエットを考えた筋トレとは?

やっているうちにいろいろ注意点が思い出されてきました。
つらつら話したいと思います。

 

筋トレは依存性が高い?

僕もかつてそうでしたが
行き始めると、日曜だろうとなんだろうと

行くようになってしまいます。
やらないと気持ち悪い!みたいな感覚が芽生えます。

別に1回スキップしても体的には変わらないのでしょうけど
気分的にそれがダメで、中心が筋トレに近い形になってしまいます。

これはマラソンについても同じことが言えます。
僕はどちらも経験がありますが

正直言って依存度は高いような気がします。
行き始めると徹底的に追い込むという性格的なものも

もちろんありますが・・・。

 

スポーツマッサージとはどう違うのですか?

 

数字を追うという悪習慣

男性によく見られますが、ベンチプレス・スクワットなど
高重量を持ち上げるものは、どうしても

『何㌔上げられるか』ということに着目しすぎて
かえって本末転倒なことがよくあります。

競技としてやっている方ならわかりますが
一般に健康重視でやっている方は

全く必要がありません。

 

 

あまりにも高重量を追求しすぎた結果
大胸筋の損傷など、通常生活では

ありえない筋肉の損傷などかつて診たことが
ありますが、そこまで追い込むことはないように

しましょう。
何㌔上げたかというのはただの自己満足です。

僕もかつてそれで筋肉を壊した経験があるので・・。

 

高齢の患者さん(over90)が曜日を間違えないようにするために試した3つの工夫

ストレッチは1番最後に

何の気なしにやってしまうストレッチですが
そのタイミングについて考えましょう。

どういうことかと言うと
ストレッチというのは筋肉を緩める効果があり

精神的にも沈静化、ダウンしていく方向に脳の状態も
なっていきます。

これから筋トレをやり始めるのに沈静化させると
かえって出すべき力がだせないことがあるので

ストレッチは全てのメニューを終えてからやるように
しましょう。

よくセット間で腕のストレッチなどやっている方が
けっこういますがあれは辞めた方が良いと思います

重いものを持ち上げるならなおさらです。
そのなんとなくのストレッチが思うわぬ損傷につながって

しまうケースがあります。

 

 

何でもやり過ぎはダメですね

何でもそうですが、運動は基本やらなくても良い動きの連続なので
過度にやってしまうと壊れます。

これ基本原則なのですが
意外にわかっていないことです。

高田純次さんではないですが
『テキトー』にやることは実はとても大事なことですね。


 

【おっと!もうひとつ】

ちょっと早いですが今年は開業3年になります。
『3周年記念講演会』に向けて動き出しています。

あくまでも続いていればの話ですが・・・(笑)

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!