整骨院の先生になるために専門学校へ~どの学校が良いのか?~ ⑫

DSC_1757

整骨院の先生になるために専門学校へ~どの学校が良いのか?~① | ウナホネくん日記
まずは学校の概略です

 

整骨院の先生になるために専門学校へ~どの学校が良いのか?~ ② | ウナホネくん日記
学費に関して

 

これまでの学校はこちら

了徳寺学園(両国)中央医療学園(三ノ輪・三河島)東京メディカルスポーツ専門学校(西葛西)

日体柔整専門学校(桜新町)関東柔道整復専門学校(立川)臨床福祉専門学校(東陽町)

日本工学院(八王子)日本医学柔整専門学校(高田馬場)東京柔道整復専門学校(練馬)

 

国家試験も終わり、それぞれ研修先等を探している時期ではあると思いますが
つい先日の国家試験の合格率が出ました。

65.7% 過去最低の合格率です。
(早めに受かっていて良かった)

もうすでに柔整(柔道整復師)の国家試験も
完全に『落とす国家試験』に変貌をとげています。

生半可な国試対策ではもう受からないのでしょう。
国家試験の合格率が各専門学校の『セールスポイント』なのですが

どの学校も合格率を下げているのではないでしょうか?
そんな中続けていきます。

 

日本健康医療専門学校(浅草橋)

http://www.niken.jp/

465万

 

減免対応

いくつかの減免制度がある。

特待生減免制度

入試時に実施される基礎学力適正考査で決まる。
3年間で124〜186万円の減免がある。

スポーツ特待生奨学金

入試時に実施される基礎学力適正考査と
学校公認の部活動に入部する必要がある。

3年間で30〜50万円の減免がある。

社会人支援奨学金

現在の仕事を辞めて、入学するものが対象。
30万円の減免がある。

HP・SNSの充実度

ごくごく普通です。やたらと部活動を推していることろを見ると
部活動に力をいれているのがよくわかる。

ブログの更新はfacebookに重きをおいておるように思える。


 

【おっと!もうひとつ】

セブンイレブンの商品の大量をレポートを
企画中。ウナホネ日記はどこへ向かうのだろうか?

1から面倒をみるなんて時代錯誤かもしれませんが人を育てたい(求人募集!) | ウナホネくん日記

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。