『神奈川を制する者は全国を制す』甲子園、東海大相模優勝おめでとう!

47541348

 

何かと話題の多かった甲子園ですが
東海大相模の優勝で幕を閉じました。

決勝の解説は元横浜高校監督『渡辺元智』さんで
これもまた神奈川。

かつて『神奈川を制するものは全国を制す』という
時代がありました。

東海大相模の野球の完成度を見る限りこれから
県内は相模の時代。

大きく言うと神奈川の時代がやってくる
予感がありました。

 

東海大相模の監督

東海大相模の現監督の門馬さんは就任が2000年。
1999年までは先輩である村中さんがやっていました。

村中さんは現東海大甲府の監督です。
(東海対決も見たかったな)

うまいことOBの系譜で回していくという
理想の形があります。

外部の監督ももちろん結果をだしている人間は
いますが基本的にはOBが監督をやるのが理想だとおもいます

だって思いが違いますでしょ、母校に対する。

原監督も喜んでましたね
巨人はイマイチだけど。

村中さんと原監督は同期です。

横浜高校は監督交代で・・

一方神奈川の雄『横浜高校』ですが
渡辺監督が勇退ということで

監督が変わります。
監督が変わるとだいたい一時的に低迷

することが多いので
神奈川の覇権は相模にしばらくなるのでは

と予想します。
(予想なんでわかりませんけど)

 

少子化において上手い選手を取るためには

強い高校はきめ細かいスカウティングを
全国に情報網を張り巡らしています。

東海大系列はシニアリーグを持っていて

http://www.tokai-scc.org/shn/index.html#pagetop

中学生からの囲い込みはすでに始まっています。
プロの球団もサッカーと同じような仕組みにしているようです。

東京でも芝高校の野球部は『芝シニア』という名前にして
中高一貫の6年間でチーム編成しているようです。

3年多く硬式に触れるのは大きいですね。
相模の全国制覇の裏にはこういった努力の賜物

という部分もあるのかもしれませんね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!