ビリビリに破けた千円札はどの程度であれば戻ってくるのか?

大事大事なお金。
そんなお札をビリビリしてしまったことはありますか?

気づかずに洗濯をして
写真のような状態になってしまいました。

このお札、銀行に持っていったら
どうなるか、戻ってくるのか、試しにやってみました。

そもそも基準は?

この破けたお金、基準ではどの程度であれば戻ってくるのでしょう。
基準はいかのようです。

1、表・裏両面があること
2、紙幣の面積が3分の2以上残っている場合は、【全額】を引換えしてもらえる。
3、破損した紙幣の面積が5分の2以上、3分の2未満の場合は、【半額】を引換えしてもらえる。
4、破損した紙幣の面積が5分の2未満の場合は、お金としての価値は無いと判断され残念ながら交換不可能。

むむ。。今回の条件はかなり微妙ですね。
まず3分の2は残っていないので全額は難しい。

条件として可能性があるのは
半額バックかな?と思い銀行へ。

けっこう大がかり

いざ銀行に行くとこういったものを書かされます。

鑑定損傷券等受付表

なかなかおおがかりになってしまってます。
僕のイメージでは受付ですぐ変えてくれると思っていました。

その後損傷部位が激しいので銀行は判断は難しいとのこと。
日本銀行に送りますので鑑定を待ってください、だそうです。

期間は1週間くらい。
戻ってきたとしても半額だそうです。

通帳で確認してくださいと言われました。

結果・・・


損傷券鑑定分として¥500戻ってきました。
なんかちょっと嬉しかったです。

そもそも論ですがお金は大切に扱いましょう。


【求人情報】

尊敬するフレンチシェフ田辺猛さんが経営する『L’Atlas(ラトラス)
偶然にも四谷3丁目に3店舗目をオープンします。

そこで現在そちらの店舗でサービスマンを社員雇用で募集中とのこと(男女問いません)
どんなことでも構いません、ご興味ありましたら僕の方まで連絡をお待ちしております。

【求人情報2】
ちなみに当院も業務拡大につき
スタッフを絶賛募集中です。

雇用条件などはこちらですので
合わせてよろしくお願いします

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。