大谷翔平は大丈夫?厄介な肉離れ。再発の可能性はないのか?

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が復帰しました。
その初打席、相変わらず非凡なセンスを感じさせますし

軽く投げて157キロ。
次元が違うことがはっきりわかります。

復帰はしましたが
今後はどのようになっていくのでしょうか?

 慎重にことを進めているのは?

今回ケガの部位は大腿二頭筋の損傷
(太ももの裏の大きい筋肉)

僕も臨床の中で比較的遭遇する疾患です。
テレビで内出血が広がっているのも確認できたので

軽いものではないということもわかりました。
通常の一般人であるなら3週間の通院加療で治すことがおおむねできます。

大谷選手の場合、体を使うお仕事ということと
これが1番面倒くさいのですが、再発の多い部位の症状

しっかり治しておかないと『癖』になりやすい部位です。
ということでリハビリも慎重に進めているような気がします。

あと感覚的な問題。ピッチングもバッティングも本人だけにしか
わからない感覚というものがあります。

ここがまだベストとは言えないということでしょう。
昨日の山本昌さんのインタビューでも100%ではないことを強調していました。

https://www.youtube.com/watch?v=dVeblhV3vsY

 二刀流はやめておいたほうがいい?

という万全ではない状態なので
今シーズンは二刀流はやめておいた方がいい気がします

投手か打者に専念するべきです。
近い将来メジャーでの活躍も十分に予想されるので

今年は打者専念、DHもあるのでそのように
乗り切るべきではないかと思います。

よく遭遇するケガも一般人とプロのアスリートでは
治療、リハビリの経過が違うことに驚きます。


【1日1新】

2時間寝坊、でもセーフ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。