与えられた状況で最大限の工夫を。なにか『学び』があるはず。

絶賛求人募集中です!
https://unahone.com/recruit/

ウェブサイトでエントリーも可能
http://www.unahone.net/inqfm/reservation/kyujin/

受付、治療補助の方も募集しております(時給¥1200)


人にはそれぞれ与えられた環境があります。
なかには、本意ではない環境もあるでしょう。

誰でも不平不満はあるはず。
そのような状況で

『今日も1日だるいな』と思う1日と
『よし、やってやろう!』と

根拠が特にないけどヤル気になる1日。
ネガティブとポジティブになりますが

仮に結果が出なくても
(結果はすぐにはでません)

ポジティブに考えた方がいいに決まってます。
(このブログもポジティブキーピングの大事なツール)

今回も先日のジムの件
思わぬ気づきがありました

「気づく」とはどういうことか (ちくま新書)

トレーニング内容を見直す

昨日のジムの件で改めて
メニューを見直しました。

ルールはルールなので
それには従わないといけません。

少々不本意でしたが
その結果いい感じでかえってトレーニングをすることが

できました。
ケガの功名というやつです。

具体的に何を変えたのかというのは
本筋から離れるので置いておきますが

注意喚起といういいことではないのですが
それがいい転機となり

事態は好転したように思います。

常にこれでいいということはない

与えられた状況の中で工夫することの大事さを
見直すことは大事なことです。

それは職場ならなおのこと
もうこれでいい、そう思った時点で

衰退は始まります。
僕が座右の銘に

現状維持は衰退の始まり』と強く思うのは
自分への戒めでもあります。

院長プロフィール

だんだん叱ってくれる人がいなくなる

歳をとると自分を叱ってくれる人が少なくなり
(怒られるのは腹立ちますけどね)

次第に『老害』へと変貌します。
今僕が最も恐れていることです。

若手にとって
『老害』になっていないか心配です。

なので自分を厳しく律し続けることが
大事なことではないかと思います。

今自分の環境はこれでベスト
そんなことは幻想なので

常にアップデート
そんなふうに思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!