月曜日からの憂鬱を打破する方法(ルーティンが人を作る)

週の始まり月曜
なんとなく毎週のことですが

憂鬱な方は多いでしょうね?
(でも来週は連休ですよ)

なんでしょうね、この憂鬱
僕も勤務の頃はありましたが

今は不思議なほど
何もありません。

いつも同じです。
でも急にそうなったのではなく

ある工夫をしてこの状態になりました。
なので

月曜から憂鬱ということはありません。
というかいつも憂鬱です(笑)

というのは冗談ですが
そのようにいつも同じように

いられる理由をお話しします。

いつも同じ時間に起きる

日曜でも何曜でもいつも同じ時間に起きることは重要だと
思います。リズムができますし

多少睡眠時間が短くても
なんとかなります。

日曜など早起きすると
物凄い時間が捻出できて

充実した休日になることは
間違い無いでしょう。

最近というかここ何年かは
『深酒』する事も皆無なので

1度構築したリズムも
壊れることはほぼありません。

スイッチが入る行為

これはこのブログもそうですが
ルーティン作りに寄与するものがあるといいです。

写経でも日記でもなんでもいいです。
朝起きがけのコーヒーでもいいです。

何かスイッチが入るものがいいです。
こうやってキーボードを打っていると

僕は目が覚めてきます。

用意を前日にする

今日の用意を前日にする
という小学生への助言レベルですが

案外大事です。
朝慌てませんし

時間の余裕も持てます。

自分の店を持つ

自分の店であれば匙加減はすべて自分次第
嫌な上司などいません

(嫌な上司にならないようにしましょう)

職場に行くことで
ストレスになることはありません。

もう忘れそうな勤務経験ですが
これ結構重要なんじゃないかと・・・

全責任は自分にあるということには
なりますが

シフト制

シフト制の時がありました。
この時は平日休みで

世の中の流れと違っていたので
よかった記憶があります。

ルーティンとしないパターンですね。
これもありだと思います。

平日休みだと
日曜の混雑がきつすぎて

それで憂鬱になります。

自分が動かなくてもいいシステム

それと最後は自分が動かないでいい

システムを構築すること
これが最強です。

いつまでもこの健康状態が
続くわけではないし

考えておかないといけないことだと
思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!