【交通事故】初回来院時以降全く連絡が取れない患者さんはどう対応したらいいのか?

交通事故の治療は
保険会社さんとのやりとりが

必要なので
連携をとりながら施術は

進めていきます。
しかし

初回に来院し
その後全く来ない

いくら電話しても患者さんと連絡が取れない
こんなケースがかつてありました。

来ないのであればそれはもう
こちらとしては『治癒』という判断になるので

示談なのですが
保険会社さんが患者さんに送付する

『同意書』も返信がないので
以降の事務処理も開始できない

こんなケースどうすればいいのか
お話します。

※同意書:医療情報の開示に対する同意の文書
     個人情報満載なのでこれがないと開示できないため
     患者さんが返送しないと始まらない

整骨院でできることは限られる

これから行きます、という方だったらいいのですが
このケースの場合は初診は来ているので

治療費は発生しています。
せいぜいこちらからも電話をこまめに患者さんにするくらいでしょうか?

こちらとしては同意書さえ出してもらえれば
一気にかたはつくんですけどね。

(まー出ないですけど)

保険会社の対応

保険会社も対応としては

電話→書面での郵送→自宅訪問
こんな流れで動いていました。

自宅訪問はけっこうレアケースなようです。
ここまでくるとどうして折り返して

連絡しないのかがわかりません。
謎です。

長期戦を覚悟

こうなってしまった場合は長期戦を
覚悟し

『待つ』しかありません。
事故治療というのは

たしかに『上がり』は大きいけど
トラブルもあるときはあります。

今まで入金されなかったケースは
なかったので気長に待つしかありません。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。