SMAP、嵐、TOKIO、V6、からみる固定患者の作り方

DSC_9577

今週、神楽坂にV6の坂本昌行さんが何の
取材かわかりませんが来ていたようです。

その前はいしちゃんが来たりと
メディア露出のない日はありません。

どうりで土日が混むわけです。
大野屋さん(1階の肉屋さん)が並びすぎていて

そこから出れるか本当に不安になったときも
ありました。

神楽坂が何か違うシフトへ向かっているような
気がしています。

テレビを10分みれば、ジャニーズを見ないことはない
と思います。芸能界に彼らがいなければ

テレビが成り立たないくらい強大な影響力がある
ジャニーズですが

最近は『嵐』の独壇場という状態が数年続いている
気がします。だからといって他がダメになったかと言うと

そんなことはなく今年の27時間にフルで出たSMAP
あれを機に彼らも新しいフェイズにたどり着いたようで

ますますかっこいいし、何でもやりますという
スタンスがすごく好感がもてます。

V6やTOKIOもかつての勢いはないかもしれませんが
それでも個々の活動はすごくてそれぞれ存在感はあります。

世代的に言うとそこまでがギリギリで
本来ならその下の世代もすごい人気なのでしょうけど

正直『Kis-My-Ft2』と言われても
『チョコレートですか?』と言ってしまう僕には

全くついていくことができません。

閑話休題・・

当院のような小規模治療院だと
僕と合わないともうお手上げです。

ある程度スタッフ数がいて
大きいところだと

先生方それぞれ個性があるので
誰かがダメでも他の人ということ

ができるかもしれません。
まさにジャニーズ戦法。

現に業界もジャニーズ系の先生が
多いような気がします(笑)

いずれにせよ芸能界からのファン作りの
工夫、とても勉強になります。

氷川きよしから学ぶ

2周年記念講演会のお知らせ

※講演会で歌ったり踊ったりはありません(笑)

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!