リハビリがうまく進んでいないじゃないかと思っているあなたへ

DSC_9404

病気・怪我・失恋

全てリハビリは必要です。
何だかうまく進んでいないんじゃないかと

思っている方は必読です。

そもそもそんなにすぐに良くならない
という前提

担当するリハビリの先生にも散々言われていると思いますが
急に良くなることはまずありません。

ですから僕のようなせっかちの人間には難しいのですが
気長にやるというスタンスをぜひ持って頂くということが大事

マイナスなものをゼロにするのって大変なんです。

まじめに取り組む人が完全勝利の世界

どんな世界でもそうですけど、コツコツまじめにやる人ほど
確率で言ったら成功すると思います。

(というかそういう世の中であって欲しい)

リハビリも正にそれです。
かつて脳梗塞になられた患者さんがいました。

その方はリハビリ嫌いでほとんどやらずに退院。
(その時点でスタッフからは見放されていたという話)

その退院後僕は、往診していたのですが
もう後の祭り。

その方もリハビリをさぼったことを相当悔やんでいましたが
時すでに遅し。

モチベーションを上げる何か

どうやったってそんなにバリエーション富んだものではないので
当然飽きて、モチベーションが下がる時だってあるでしょう。

そんなとき、これをすればモチベーションが上がるというものを
無理矢理にでも作りましょう。半ば強引でも構いません。

洗脳に近くてもいいのではないでしょうか?
音楽・リハビリ終了後の想像・SNSの投稿・食事・・・

ちなみに僕はモチベーションが下がらないので
こういうものは必要ありません。

むしろオーバーヒート気味なので
沈静化させる必要があります(笑)

これまでのような健康な生活は
必ず戻ってきます。

人間は先が見えないことに不安を感じ
その不安を解消すべく、いろいろな対処をします。

ですからリハビリを行っている先生に
リハビリの経過としてこれから起こるだろう

ということを全て列挙してもらいましょう。
例えば

  • 症状は良くなったり悪くなったりを繰り返して
    良くなっていく
  • 天気の悪い日や寒い日はいつもより痛いことが
    ある
  • 季節の変わり目は一時的に症状が増悪するかもしれない

などなど治っていく上で起こるだろう症状の経過等は
ある程度予測できる部分はあります。それは前もって

聞き出しいざそういうことが起こっても
軽くながせるようにしておきましょう。

これを知っていると知っていないとでは全く予後が変わります。
もちろん後は個々の経過があるので予測しきれないことも

あるということも頭に入れておきましょう。


 

11月30日(日)13時〜

2周年記念講演会のお知らせ

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!