神楽坂でうっかりして転んでケガをしまった、そういう時はまずウナギ整骨院で対応します。

DSC_3324

ケガがケガを呼ぶ。ではないですけど
ここ1週間くらいケガの患者さんが多いように思います。

足首の捻挫、指の骨折、打撲・・・
こういう時は続きますのでこの後もある程度続くでしょう。

ここで
えっ?整骨院は整体なのにケガの治療もできるの?

と思った方は今日のブログは最後まで読んで下さい。
(いつも最後まで読んでほしいですが)

 

新千歳空港はお土産を買うだけじゃない。温泉・宿泊・グルメ・ゲームなどなど北海道限定ものも要チェック

 ケガ=レントゲン?

ケガの治療をするといいながら
資格の法制度上整骨院ではレントゲンを撮ることが

できません。
患者さんの選択もまず『整形外科』ということが

多いのでレントゲンを撮ったか伺うと
そこは患者さんの自己判断でとってくることが

多いようですね。
第一選択で当院に来られた場合も

骨に異常があると判断してレントゲンを撮る必要が
ある場合は当院の紹介でクリニックのほうへ

行って頂くこともあります。
そのまま手術ということになって

さらに大きい病院に転院ということも
ありました。

当院にはこんな患者さんもいらっしゃいます、えっ?どんな患者さん??

骨折・脱臼の場合はレントゲンを撮らないといけない

これは法的な問題になりますが上記の2つの疾患に関しては
レントゲンが必ず必要で医師の診断が必要になります。

脱臼と言っても子供の肘の脱臼『肘内障』と言います
これは元通り戻せばそれで終了なので

レントゲンを撮らなくてもOKです。
『肘内障』は当院でも毎年何件かあります。

こんなことがありました。

子供が肘を痛がって使いたがりません。これは何ですか?

 

治療内容は?

そこで当院にケガの治療で来院して何をするかということですが
基本的には『固定』をして安静にさせます。

そうでない場合も早く治すためには
低周波治療・超音波治療をして早期復帰を目指します。

上記のような治療をするとケガの回復が
早く治りますので、治癒までの時間も早くなります。

そういうことで治療をしてきます。

 

昔あったことはよほどの事でない限りほとんど忘れる

早めの受診と、どうすればいいか分からない時は来院を

ケガは鮮度ではないですけど時間が勝負。
早期治療が早期回復につながります。

ここは肝に銘じておいた方が良いです。
それとどうすれば分からない方は

とりあえず相談も受け付けますので

どうぞ。

家で筋トレが長続きしない人はジムに行ったほうが良い6つの理由


 

【おっと!もうひとつ】

ストックしておいた本がなくなりつつ
あります。本がないと感じるこの不安感はなんだろう

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。