整骨院の開業に関して、ルールが変わりました。実務経験と研修の受講が要件です


四谷院

柔道整復師の免許は取得さえしてしまえば
開業は可能でした。

(在学中に物件探していた友人もいました)

しかしこの4月からルールが変わり
実務経験と研修の受講が要件に加わり

簡単に開業はできなくなりました。
4月当初はどうなるのかざっくりしたものでしたが

最近になって研修の日程など
詳細もでてきたので

お話していきます。

のぼり旗 交通事故の痛み (W600×H1800)整骨院・接骨院

以下は抜粋です

実務経験の期間について

実務経験の期間については、用件の追加に伴う段階実施として、施術管理者の届出を行う期間に応じ
以下のように段階的に定めます。

平成30年4月から平成34年3月までに届出する場合は1年間の実務経験
平成34年4月から平成36年3月までに届出する場合は2年間の実務経験
平成36年4月以降に届出する場合は3年間の実務経験

研修の受講について

研修については、施術管理者として適切に保険請求を行うとともに、質の高い施術を提供できる
ようにすることを目的として、以下のような研修期間、研修内容とします。

研修の時間2日間で16時間以上
研修の内容は

  1. 職業倫理について
  2. 適切な保険請求
  3. 適切な施術所管理
  4. 安全な臨床

となっています。

日程に関してはこちらに記載があります
全て土日の講習で、費用も¥20000ほどかかります。

 

特別な届け出

平成30年4月から『施術管理者』になるための要件として新たに、資格取得後の
『実務経験』と『研修の受講』を加えることになりますが、いかに該当する場合の

届出をすることにより施術管理者の登録が認められます。

a 平成30年3月の国家試験で資格を取得した後、すぐに施術管理者となる計画の方

1対象者

平成30年3月の国家試験で柔道整復師の取得後、すぐに施術管理者となる計画をしている方で
4月1日~5月末日までに、施術管理者となる届出をした方

(届出には、以下2,3を実行する確約書の添付が必要となります)

2必要な実務経験(実務研修)

特例の対象者については、1年間の実務経験の代わりに、受領委任の届出から
1年以内
に、ご自身が運営する施術所以外の以下の要件を満たす施術所で、

合計7日間相当(1日あたり7時間程度)の実務研修をすること

※施術所の要件

  • 施術管理者として継続した管理経験が3年以上あること
  • 現在、あるいは過去に行政処分を受けていないこと

3研修の受講

受領委任の届け出から1年以内に、施術管理者の研修を受講し修了すること

b 平成30年度における研修要件の緩和

1対象者

平成30年度において、新たに施術管理者となるための実務経験の要件を満たしており
施術管理者として、受領委任の届け出を行うこととしている方

2必要な実務経験

原則通り、実務経験期間証明書により、実務経験(1年以上)の期間証明をすること。

3研修の受講(要件の緩和)

受領委任の届出から1年以内に、施術管理者の研修を受講し修了すること
『a』『b』それぞれで2,3を満たさなかった場合、受領委任の取り扱いを中止します

開業を抑制する側と開業する側

今回本格的な開業抑制が始まったと言っても
過言ではありません。

しかし僕はこの制度については賛成です。
この研修制度で柔整師の全体のレベルが上がれば

業界にはプラスです。
医療界のトップである医者はすぐに開業できません。

それまでに猛烈な訓練が長い間行われます。
そこに並ぶなんておこがましいですが

医療界に属するものとして最低限の足並みを
揃えることができたのではないかと思います。

これから事業拡大を目指すグループ院などは成長が鈍化
することも考えられますが

反面自社での教育がじっくりできるというメリットも
あります。

僕はそのようにいい方向に捉えています。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。