急に来なくなった患者さん、『なにか問題があったかな?』を繰り返すのが治療家

患者さんには診立てのお話をして
どれくらい治すのにかかるか

お話します。
それとは別にルーティンにしている患者さんは

ルーティンなので
決まった日に必ずいらっしゃいます。

そういう方は来なくなると
『何かあったのかな?』『何か僕に不手際があったかな?』

というのを必ず考えます。
これはもう宿命みたいなもので

こんなことをもう20年以上考え続けながら
仕事をしています。

こういう原因で行かなくなりました
は高い確率で回答が得られません。

自分で考えるしかないんです。
よく企業が血ナマコになって

アンケートを取っていますが
アンケートがどれだけ大切な情報化というものを

感じているから熱心なのでしょう。
顧客のお話は1ミリでも逃してはいけないと

思います。
最近ずーっと来ていた方が

急に来なくなり
痛感しています。

それは何か仕事上の都合なのか、不手際があったのか?
答えはよくわかりませんが

治療家は本当にそんな毎日です。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。