高崎『たかさき福々うどん ひさや』けっこうコシがあって歯ごたえがあります。全国区になるように応援します

そもそも福々うどんとは何なのでしょうか?

高崎産の小麦粉や食材を使った「うどん」を高崎名物として定着させていこうと
市内の「うどん店」54店舗が結束し、2013-06-27から、「たかさき福々うどん」として

一斉に売り出すことになったそうです。

やろうと思ったのが4年前。
今は2017年ですから・・・

そんなに浸透していないのはわかります。
群馬県出身のスタッフに聞いても

『知らない』とのこと。
でもおいしかったので、再燃できるように書きます。

こしがあるきしめんのようなうどん


写真ではわかりませんが
かなりコシがあります。

食べていると顎が疲れます。
なかなか東京ではお目にかかれない感じです。

うどんとよく合う汁


濃い目な汁によく合います。
ただのどが渇きますので注意が必要。

肉汁うどんです。

宣伝やPR不足か?

僕にはとてもおいしいものに感じました。
広まらないのは宣伝の仕方に問題があるのかと思います。

こうやってある地方では有名でも
その地域限定のものというのはたくさんあるんだなと

感じました。

お店詳細

ひさや

お問い合わせ
027-363-9899

住所
群馬県高崎市新保町1054-4

営業時間
11:30~15:30、17:00~19:30
(さすが終わるのが早い)

定休日
水曜

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。