治療は10人のうち9人結果を出さないと患者さんは増えない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々が行う治療は100%ではありません。
でも100%にいかに近付けるか

それは追及しないといけないところではあります。
再来院してもらうためには

タイトルの通り
10人治療したら9人は結果を出す

でないと院の繁栄は難しくなるでしょう。
本当にシビアな世界です。

リピートさせる難しさ

キャンペーンやチラシ、様々な販促グッズを駆使すれば
初回来てもらうことはたやすいでしょう。

皆さんもよくご存じの通り
問題は『リピート』です。

次回から来てくれるかという話です。
当院も最近はネット経由での来院も多くはなっていますが

なんだかんだ言って『口コミ』に勝るものはありません。
ご家族全員いらしてくださったりそんなことがよくあります。

2回目来てもらうか、いかに尽力できるかがポイントです。

結果を出す、というのは治すばかりではない

一見すると結果を出すこととは
『治す』ことと捉われがちですが

そればかりではありません。
こんな病気はどうしたらいいの?

に対して真摯に説明したり
すごく筋肉が緩んだ

へー今は機械で筋トレできるんだ
お昼休みだけど待たずに治療できるのね。

などなど、患者さんのニーズをくみ取ることができればそれはリピートにつながります。
『治す』ことが前提ですが

そこに固執しすぎないことが重要です。
それは治せないものもたくさんあるからです。

患者さんは来院するときはそれさえもわからないで
いらっしゃいますからね。

治せないものははっきりと治せない理由を
示し、該当する医療機関に紹介するのだって

これは立派な評価につながります。

患者さんが増えている時は方向性が合ってるとき

ぐんぐん患者さんが増えている時
それは方向性が合っていて邁進していいときです。

1人の治療家がさばける患者さんの数は決まっていますが
どんどん治していってほしいものですね。


【1日1新】

神楽坂~四谷3丁目タクシー


【求人情報】

尊敬するフレンチシェフ田辺猛さんが経営する『L’Atlas(ラトラス)
偶然にも四谷3丁目に3店舗目をオープンします。

そこで現在そちらの店舗でサービスマンを社員雇用で募集中とのこと(男女問いません)
どんなことでも構いません、ご興味ありましたら僕の方まで連絡をお待ちしております。

【求人情報2】
ちなみに当院も業務拡大につき
スタッフを絶賛募集中です。

雇用条件などはこちらですので
合わせてよろしくお願いします
 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!