成功法則に導く整骨院の診療時間変更で気をつけたい5つの方法


こんな朝早くからやっても意味はない?

診療時間・営業時間。
最初は想像で診療時間を決めて

始まります。
それがうまくいくのか、いかないのかは

わかりません。
当院はスタッフ数がいますので

7月から年中無休ということで
診療時間を変更しました。

診療時間をいじる際に気をつけたいことを
ピックアップしてみます。

すぐに馴染むとは考えない

新しい診療時間はしばらくは馴染まないと考えた方がよさそうです。
延長する場合は問題のないことが多いですが

短縮する場合は
特に今までやっていたのに

閉まっているということが
あり、患者さんに迷惑をかけることがあります。

これは根気強く言い続けるしかないと
思いますが未だに当院は年中無休制が浸透していない

ということもあり
いずれにせよ、馴染むのには時間はかかります。

曜日によって時間が違うというのはなるべく避けたい

診療時間は一律が最もいいと思います。
患者さんは自分の行けそうな時間以外それほど診療時間は気にしていません。

現在当院は統一していますが
出来ることなら土曜日以外は統一した方がよさそうです。

日本の医療機関への考えとして土曜は半日という考えは
浸透しているのでここは大丈夫なような気がします。

あえて短縮させるという考え

明らかにボリュームの少ない時間がはっきりしている場合
そこは切り上げて

辞めてしまうのも手です。
ダラダラ仕事をして翌日もまたすぐ仕事では

インプットもできませんし
いつか破綻します。

子育て世代は特にそうでしょう。
(と言いながらも仕事しすぎですが僕は)

目先の売り上げに惑わされない様にしましょう。
(惑わされまくりですが)

ボリューム時間に全精力を

逆にボリュームの厚い時間帯は拡大をした方がいいでしょう
当院だと20時までを21時までにしましたが

ここは成功です。
元々30~50代、働く層の患者さんが多いので

ここはフィットしました。
(日曜祭日の夜は未だに空いてはいますが・・・)

ちょこちょこ変えるのは良くないが・・・

診療時間変更あまりちょこちょこ変えるのは
なかなかフィットしないと思いますが

ニーズに合わせて変えていくのは問題ないと思います。
なにかどん詰まり感が出てきた場合は

診療時間変更がいい起爆剤になることもあります。
やってみましょう。


【年末年始情報】

神楽坂本院は年末年始以上のような診療になります。
元旦から3日まで普通にやっています。

各曜日のシフトはこちらを参考にして下さい。
https://unahone.com/stuff/


【1日1新】

隠れ房


【求人情報】

業務拡大につき
スタッフを絶賛募集中です。

技術職にありがちな修行と称しての長い拘束は一切排しています。
当グループの分院長は3カ月でその地位を築いたものもいます。

要は技術は長い修行年限ではありません。
実力のある者はどんどん出店していく意向です。

雇用条件などはこちらですので
合わせてよろしくお願いします

雇用保険も加入しておりますのでこれからこの業界の専門学校へ入学を考えている方は
専門実践教育訓練給付金を受給することは可能です(2年間当院で社員として働く必要あり)

それと少しでもこの業界でやっていきたいという方はご相談を。
メール(info@unahone.net)でもOK、必ずお返事いたします。

当院の見学も随時受け付けています。
常勤の受付スタッフも募集しています

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。