入金が遅い交通事故治療。その理由はあれにあった。

交通事故の患者さんが多い当院ですが
保険治療と違って

損害保険会社の担当がつき
色々なやり取りが

行われます。
その上で支払いがあったりするのですが

なかなか支払われないことがあります。
いくつかある理由を考えてみました。

案件を忘れている

担当者が忘れている場合があります。
月の頭に書類を提出して

その月のうちに入金がなければ
電話して確認しましょう

(初月は少し時間がかかることがありますので憂慮を)

同意書が提出されていない

医療機関と患者さんと保険会社が情報を共有するため
そういったことに同意する文書が患者さんに送られますが

その提出がされないと交通事故治療がスタートしていないのと
同じのでにゅうきんはいつまでたってもされません。

意外にこのことは少なくないです。
それで保険会社から電話がかかってくることがあります。

患者さんに確認してみるのも手ですね。

気長に待つ

要は提出後すぐに入金されるものではないので
少し気長に待つ必要があります。

(保険会社の締め日もあるので)

忘れた頃に入金されるものもあるので
そのくらいのテンションがいいかもしれませんね

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!