目に見えないもの(コロナウィルス)との戦い方はあるのか?

東京は感染者爆増中ですが
主要なターミナル駅は

普通いやそれ以上の人出です
『感染者増えているけど、そうは言ってもね』

そんな感じに見受けられます。
感染症対策も徹底してやっているけど

増えているので
そもそも効果があるのか?

という声も聞こえてきそうですが
社会(日本のコンセンサス)が

ノーガードを許しません。
今、マスクをしないで1日中外を歩き回ってください

というのはなかなか高度な罰ゲームになります。
(そんな人いませんしね)

誰のせいでも彼のせいでもなく
ただ淡々と見えない敵との戦いに終始

追われるわけですが
来年になり

『おめでとうございます』
と言っていいものかそんな風にも思います。

ペスト (新潮文庫) [ カミュ ]

感想(33件)


昔の話だけど話が今と酷似している、と考えるとまだまだ長い

共生

一緒には過ごしたくありませんが
この方法でしか今の最善の方法は

ありませんよね。
あとはもう『テクノロジー』が解決してくれる

それ以外ありませんし
4月の緊急事態の時

それはそれできつかったのですが

整骨院の経営から考える5月6日以降の自粛延長、解除の行く末

なんとなく文体が今読み直してみると
おかしいので、なかなかの精神状態だったと推測できます。

今は今である種別のキツさがありますし
来年はもっときついことは明らかです

(それは経済的にも)

結果、ウィルスのとの戦い方は
いまだよくわかりませんし

戦わないでいいのかもしれません。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。